私とパラグライダー(カナ編)③

もう10年以上前の話。月日が経つのは早いです。

当時の写真がないので今朝の写真。

私の在籍していた水産学部は、2年生の後半から全員函館キャンパスに移動という特殊な学部。
そしてその水産学部は、人数が少ないのでサークルも種類はぐっと減り・・当然ながらパラグライダーのサークルはありません。
私は一旦パラグライダーを諦め、馬術部に入り活動を始めました。

私が想像していた馬術部は自然の中を馬に乗って駆ける開放感あるものでした。(無知・・)
しかし、練習場所は広い体育館のような場所の中だけ。なんだか開放感がない・・。
それに、私は馬のお世話になかなか慣れず、いつまで経っても「蹴られそうで怖い」が「可愛い」に変わりませんでした。
練習が進み、駈足(かけあし)が始まってからは揺れとスピード感で落馬の恐怖でいっぱい・・。

なんだかパラグライダーが恋しくなり、このまま続けていてもだめだ。と、馬術部をやめました。

函館にはパラグライダーをしている一般のクラブはあるのですが、エリアは遠いので車が不可欠。
バイトをして多少お金を貯めていましたが、車なんてそうそう買えるもんじゃない。
と思っていたところ、中古車の売買等を仲介するサークルが出来て、運よく車検付き8万円で中古車を購入できたのです!
そこからパラグライダーを再開することになります。

文:カナ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。