帰宅後の恐怖

ヤスさんは6日から台湾、私とフウカは8日から実家へ行っており、昨日久しぶりに一家で帰宅。

待っていたのは・・

埋もれています。

去年までは業者さんに頼んで予め除雪してもらっていましたが、今年は自力で・・
ニュー除雪機でもかなり苦労するボリュームでした。
家の中も冷え冷えで、温めるのにも一苦労。

しかもその後、水通ししたところボイラー周辺で漏れている箇所がありました。水抜きしていたんですが・・。
翌日(今日)業者さんを呼んで修理。
すると、見えない箇所も漏れていることが判明。壁に穴をあけて補修。

こんなところが漏れるとは・・

部品交換まではありませんでしたが出張費がかかり1万円超の出費。痛いです。

ただ不幸中の幸いは、見えない場所の漏れ、私が気づけたこと!
見える箇所の漏れを直した業者さんが出て行き、ボイラー前に行くと水の流れる音が止まらず、違和感を感じてもう一度来てもらいました。
水の音は私にしか聞こえておらず、ちょっと不安でしたが壁を開けると漏れが判明。
体も心も実年齢ほど若くない私ですが、今回ばかりは若さが役立ちました(笑)
(※業者さん二人は5,60代でした。加齢により聞こえる周波数は減っていくようです。)

そんなこんなで、やっと日常生活に戻った日の出ハウスでした。

文:カナ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。