9月16日 カボチャの出荷!

収穫してあったカボチャの乾燥も進み、いよいよ出荷!!

 9月1日の歳時記にも書きましたが、一つの作物が我々の口に入るまでには農家さんの苦労がたくさん入っているのだということを身をもって知る事ができました。
 春先には極端な『低温』で苗を全滅させてしまった農家さんもありました。蔓の剪定、株の方向を整える、蔓の方向を一定にする・・・思った以上の作業でした。その最中、シカによる食害・・・。関野さんによるとカボチャは意外と手のかからない作物との事。それでも随分と手がかかります。日照や、雨、これは本当に『神頼み』。気をもみますが、お天道様に任せるしかありません。それでも結果的に見れば、今年はまあまあだったようです。花の剪定の頃になってもシカの食害は収まらず、ネズミにもやられ、・・・それでも収穫!そして乾燥。今回は3トン出荷!10㎏詰めダンボールに300個!カボチャを磨いて選別して入れました。これも大変な作業!  カボチャの値段は変動が大きく、読みにくいそうです。今年は当初高かったのですが、ここに来てかなり安くなってしまった・・・とか・・・。  自分は、この冬から北海道を離れ、息子の農業の手伝いをすることになりました。関野さんの所での経験はすごく役にたちそうです・・・。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください